PRESS RELEASE

公共交通機関の安⼼安全への完全なソリューション〜京王線事件などへの効果的な対策⼿段〜

LTE/4G 回線の利⽤で遠隔地からリアルタイム映像の確認を可能にしたLED ⼀体型⾼機能ネットワークカメラ 「 IoTube model Pro.4G 」 を新たに発表

LED ⼀体型⾼機能ネットワークカメラを提供する株式会社MOYAI(モヤイ)(本社:東京都中央区、代表取締役:渡邊亮、以下:MOYAI)は、LTE/4G で通信を⾏うカメラセンサー以外に8 つのセンサーを標準搭載したマルチIoT デバイスとしてエッジAI との組み合わせで様々なソリューションの提供が可能なデバイスを開発し、2022年6 ⽉より納⼊開始することをお知らせします。

IoTube model Pro.4G は、2020年7 ⽉に東急電鉄様全保有⾞両へ導⼊されたIoTube の後継モデルとなります。

IoTube model Pro.4G Web サイト紹介ページはこちらから

■LED ⼀体型⾼機能ネットワークカメラ「 IoTube model Pro.4G 」とは︖

2019年にLTE/4G通信タイプのモデルを開発し電⾞⾞両内搭載に向け各必要適合規格を全て取得し東急電鉄様に初めて採⽤となったモデルの製品品質をベースに通信⽅式を同じくLTE/4G 通信を採⽤したモデルです。

更に4K ⿂眼カメラセンサーユニットをジョイントし内蔵されたSD カードに動画を録画保存、LTE/4G 回線を利⽤し遠隔地からリアルタイムストリーミング、双⽅向通話を可能にしました。LED 蛍光灯を交換するように簡単取り替え取り付けを可能にしたエッジAI 機能を持ち合わせた防犯カメラ及び⾏動解析デバイスです。

⾞両内の状況を同時開発中の管理画⾯システムからリアルタイム映像の閲覧が出来るだけではなく、⾞両内の混雑状況の可視化を⾏うことによりアプリと連動することで乗⾞予定の⾞両の混雑状況を事前に把握することができます。また、双⽅向通話機能とAI 機能を活⽤することにより⾞両内の乗客との会話を実現させ、⾞両内で突発的に発⽣する事件や体調不良の乗客を検知し司令室へ発報することが可能です。

多くの鉄道事業会社様より昨今の事件への効果的な⼿段として多くの期待が寄せられています。

■機能紹介

エッジAI を含むマルチセンシングデバイスとして様々なご利⽤想定にお応えします。

特徴的な機能5点

  1. 1. LTE/4G 採⽤で超速通信を実施
  2. 2. 1.5GHz×4 コアでエッジAI に対応、個⼈情報にも対応
  3. 3. リアルタイムストリーミングに対応
  4. 4. マイク&スピーカーを⽤いた双⽅向通話にも対応
  5. 5. 4K センサー+⿂眼レンズで後からパンチルズーム対応

8senses / 五感を超えるセンシングテクノロジーを標準装備

サーモセンサー・マイクロフォン・スピーカー・煙感知センサー・温湿度センサー・3D 加速度センサー・BLE ビーコン・Co2 センサー

ネットワーク構成イメージ

会社概要

会社名: 株式会社MOYAI(MOYAI Co.)
代表: 代表取締役  渡邊 亮
設立: 2018年11月
所在地: 東京都中央区日本橋3-13-5
業務内容: ネットワーク通信関連事業
AI、IoT関連事業
デジタルサイネージ関連事業
防犯、セキュリティ関連事業
ソフトウェア、携帯電話アプリケーションの企画、開発、運用
上記各サービス、デバイスの企画、開発、設計、製造、運用等の関連事業
上記各号に附帯する一切の事業
<本件に関する報道機関からのお問い合わせ先>

※本リリースは単独プレスリリースになります。
株式会社MOYAI 太田 y.ohta@moyai-net.com

2021年11月10日 投稿